ギャラリー

第34回 神戸ジャズストリート(2015)

ステージ


北村英治×秋満義孝、巨匠デュオ。

2年ぶりパオロが登場。次回は夫人のステファニーと!

若さはあふれる演奏は広瀬未来と坂田雅枝

川瀬さん、珍しいポーズですね。

3年ぶりのラスカルズはやはり教会が似合います。

直樹・研デュオにパオロが参加。日本和声も見事に。

フラットファイブ+原田紀子。いつもゴキゲン音楽。

世界を飛び回るマロも10月は神戸が本拠地。

その名のとおり甘くしっとり、キャンディ浅田。

ゴールデンシニアトリオ、まずは鍋島直昶。

ゴールデンシニアトリオ、つぎに大塚善章。

ゴールデンシニアトリオ、そして宮本直介。

富士通テンビッグバンドは今年で3回目の出場。

人気のモンデュー。ン?パオロも加わって。

モンデュー、奈倉翔

モンデュー、伊藤淳介

モンデュー、秦弘作

モンデュー、長谷川光

今年はコーズ・シュワガーマンがオランダから。

コーズはお得意の歌も。千穂ちゃんとデュエット。

ニューオリンズ・サウンドはレッドビーンズ

MC三浦絋朗はインドクラブ担当。

大鳴門橋開通30年を祝って徳島から。

今年のミドリーヌワールドはハリウッドテイスト。

オールマイティ、アントワーヌ+マロ+エンゲル。

古くて新しいお馴染み昭和ジャズソングは熊田千穂。

最高のリズムにみんな乗っかる。

結成30年のモダンタイムス。

石井順子とモダンタイムス。

いいジャズってこれ! を聞かせてくれる秋満義孝。

新作をスケッチ中の里見さん。

マホガニーホール・ストンパーズの結成は1983年。

藤田洋さん、前夜祭から3日間おつかれさまでした。

大阪と新潟の2拠点で 大活躍のトントン森朋子。

2年ぶりのパオロ。次はパトリックも一緒に来日を!

この日のために組んだ高浜トリオに池田公信が参加。

第1回から出演のキャッスル

MC森永幸子は今年も神戸女子大を担当。

ラスカルズにゲスト池本徳和と村橋健。レギュラー?

北村英治+キャンディ浅田、今年も、いいね!

魚釣りもプロ? ベーシスト魚谷のぶまさ。

もう常連、ニューオリンズ・フォーティズ。

エリントンといえばいまや世界的にフィール。

殿下高岡正人ますますゴキゲン。

結成50年のシャギー。日本のブルーグラス史そのまま

人気絶大の北村英治。

いつになく楽しそうだったね、ブルックス。

2回目の広瀬未来。実は高校時代にも出演しました。

昨年に続いて秋満トリオ+トントン。

音楽監督花岡詠二は外国勢を仕切ります。

キャッスルJB結成時からのメンバー寺尾寿記。

イケメンギターの能勢英史、ノってますねえ。

鈴木直樹のプレイは楽しさいっぱいを伝えてくれる。

歌心あふれ、楽しいピアノの山本琢。

ジャズヴォーカルクイーンの石田裕子は今年初登場。

この編成のトリオは日本でただひとつ、キラ星トリオ

オールマイティのトロンボーンの五島健史。

東京から13年ぶりに参加したピアノ高浜和英。

いいね! そのビート、天下のドラマー上場正俊。

池田公信、ここでは昭和のジャズソングもプレイ。

宮川4に坂田雅枝とくれば激しくノリまくり。圧巻。

ゴスペルグループ、神戸マス・クワイア。

国内だけでなく海外にも、引っ張りだこの小林真人。

息のあったプレイ、拍手ぅ~。

神戸を代表するデキシー、ロイヤルフラッシュJB。

高岡トリオにエンゲルが加わって、大人の雰囲気で。

超絶技巧、抱腹絶倒! 究極のデュオ。

2日間のラストステージでは”We’ll Meet Again”を。
ページの先頭へ
  • ブレダジャズフェスティバル
  • KOBEjazz.jpこだわりのジャズ情報を富士通テンがお届けします